老人夫婦

厳選された果実|アントシアニンを豊富に含む北国アロニア

青魚に含まれる健康成分

家族

今、健康を気にする人たちの間でEPAのサプリメントが注目されています。EPAとは飽和脂肪酸の一つで、イワシやサバなど、青魚の油分に多く含まれていて、血液をサラサラにしたり、中性脂肪やコレステロールの増加を防ぐ働きがあります。EPAはオメガ3脂肪酸とも呼ばれ、体内で合成することのできない脂肪酸のため、食事から摂取するしかありません。そこで、サプリメントで毎日摂取することが注目されているのです。また、アレルギー症状の緩和にも効果があるということが最近分かってきて、アトピー治療などにも期待されています。似たような効果のあるものにDHAという脂肪酸がありますが、EPAの方が身体の炎症を抑えたり、中性脂肪を分解する働きがより高いのが特徴です。沢山の健康効果があるため、ぜひ積極的に摂取していきましょう。

先に述べた通り、EPAのサプリメントには血液をサラサラにする効果がります。そのため、血液に関する薬を摂取している人は注意が必要です。動脈硬化や高血圧などで、血液の流れを良くする薬を服用している場合、さらにサプリメントを摂取することで、出血の際に血液が止まらなくなってしまうと言った危険があります。また、人によっては吐き気や下痢などの症状が出る場合もありますので、異変を感じたら続けるのはやめましょう。同じように、普通の食事でEPAを多く摂取している場合も、サプリメントを飲まなかったり量を控えるなどの工夫をし、過剰摂取になってしまわないようにしましょう。EPAをバランスよく摂取して、健康な身体にしましょう。